免疫組織データベース~いむーの



Calcitonin

2005年1月26日

クローン: CAL-3-F5 

メーカー: DAKO

希釈倍率:50

抗原賦活化法:Pressure cooker

(上記は一例です。抗体は必ずしも全てのメーカーを比較して選択しているわけではありませんので、必ずしも”推奨メーカー”という意味ではありません。)

推奨陽性コントロール: 髄様癌

染色パターン: 細胞膜+髄様癌ではアミロイドにも

 

カルシトニンは主に甲状腺のC細胞から分泌される分子量3500のペプチドホルモン。 血中カルシウム濃度を低下させ、副甲状腺ホルモン(PTH)などと共にカルシウム代謝の調節に関与する。

 

用途:甲状腺髄様癌medullary carcinomaで100%陽性。 背景のC-cell hyperplasiaの検索。

他の内分泌系腫瘍でも陽性となることがある。

 

image1

(写真)C-cell hyperplasia。周囲まで陽性であるのはdiffusion phenomenonのためと思われる。

 

 

執筆日:2005/1/26

執筆者:神戸大学病院病理部・病理診断科 伊藤 智雄

ページの先頭へ