免疫組織データベース~いむーの



ALK(ALK-1)

2005年6月3日

クローン: ALK-1(DAKO)

希釈倍率:x50

抗原賦活化法:圧力鍋 

(上記は一例に過ぎません。抗体は必ずしも全てのメーカーを比較して選択しているわけではありませんので、必ずしも”推奨メーカー”という意味ではありません。)

推奨陽性コントロール:ALK-positive anaplastic large cell lymphoma症例

染色パターン:細胞質±核(下記参照)

 

反応性: analplastic lymphoma kinaseに反応。正常のリンパ球には染色されない。悪性リンパ腫では未分化大細胞型リンパ腫anaplastic large cell lymphoma (ALCL)と、Diffuse large B-cell lymphoma with expression of full-length ALKに陽性。

用途: a) anaplastic large cell lymphomaの60-85%に陽性で、cytoplasmic とnuclearに染まるパターンがある。t(2;5)/NPM-ALK translocationを示す症例のほとんどはcytoplasmic and nuclear の両方とも陽性となる。この陽性像はtranslocationのパターンによってはcytoplasmicのみ、あるいはnulearのみと変化する。(WHO Tumors of Haematopoietic and lymphoid tissues, 2001, p230-235)。ALK陽性ALCLは若年者に多く、治療によく反応し、5年生存率は90%(Shiota M et. al. Anaplastic large cell lymphomas expressing the novel chimeric protein p80NPM/ALK: a distinct clinicopathologic entity. Blood. 1995 Sep 1;86(5):1954-60, Nakamura S et.al Anaplastic large cell lymphoma: a distinct molecular pathologic entity: a reappraisal with special reference to p80(NPM/ALK) expression. Am J Surg Pathol. 1997 Dec;21(12):1420-32)。陰性例はheteroな集団と考えられる(森茂郎、中村栄男 未分化大細胞方リンパ腫 in菊池 昌弘、森茂郎 監修 最新・悪性リンパ腫アトラス 文光堂 p266-275)。ALCLでは必ずALKを染色すべきである。なお、cutaneous formのALCLは陰性である。

ALKは非リンパ腫では炎症性筋線維芽細胞性腫腫inflammatory myofibroblastic tumor:IMT(Griffin CA et.al. Recurrent involvement of 2p23 in inflammatory myofibroblastic tumors.Cancer Res. 1999 Jun 15;59(12):2776-80)に陽性が知られる。その他の腫瘍にも陽性が知られ、例えばLi XQらの249例のsarcomaにおける検討においてはIMTs (4 of 4), rhabdomyosarcomas (4 of 7), various lipogenic tumors (35 of 65), Ewing’s sarcoma/peripheral primitive neuroectodermal tumors (6 of 10), malignant fibrous histiocytomas (8 of 37), leiomyosarcomas (3 of 18), and other non-IMT tumors (9 of 108)と、IMTよりも弱いながら、様々な腫瘍に陽性像がみられたという(Li XQ, Hisaoka M, Shi DR, Zhu XZ, Hashimoto H. Hum Pathol. 2004 Jun;35(6):711-21. Expression of anaplastic lymphoma kinase in soft tissue tumors: an immunohistochemical and molecular study of 249 cases).

ALK1

 

 

執筆日:2005/06/03

執筆者:神戸大学病院病理部病理診断科 伊藤 智雄  tomitoh@med.kobe-u.ac.jp

ページの先頭へ