免疫組織データベース~いむーの



CD4

2005年6月16日

クローン: 1F6  monoclonal (Novocastra)

希釈倍率:x20

抗原賦活化法:圧力鍋 Ventanaのamplificationを併用

(上記は一例に過ぎません。抗体は必ずしも全てのメーカーを比較して選択しているわけではありませんので、必ずしも”推奨メーカー”という意味ではありません。)

推奨陽性コントロール:扁桃、虫垂など

染色パターン: 細胞膜

反応性:T-helper/inducer cells and monocytes/histiocytes, Langerhans cells(John KC Chan. Tumors in lymphoretiucular system in Flercher et al. Diagnostic histopathology of tumors p1106)

 

用途: T細胞リンパ腫診断の補助(菌状息肉症mycosis fungoides、成人T細胞白血病adult T-cell leukemia/lymphoma: ATL, ATLL, and 多くのperipheral T-cell lymphomasが陽性.) True histiocytic lymphoma/histiocytic sarcoma Langerhans cell histiocytosis (John KC Chan. Tumors in lymphoretiucular system in Flercher et al. Diagnostic histopathology of tumors p1106) T細胞性リンパ腫に於いて、CD4, CD8のdouble positiveあるいはdouble negativeはaberrant phenotypeであって、リンパ腫の指標となるとされるが、組織でその評価を行うことは難しい。

注意:CD4, CD8の偏りを、B細胞リンパ腫におけるlight chain restrictionの様にclonalityの指標とすべきではない。

 

CD4

 

 

執筆日:2005/06/16

執筆者:神戸大学病院病理部病理診断科 伊藤 智雄  tomitoh@med.kobe-u.ac.jp

ページの先頭へ