免疫組織データベース~いむーの



CD21

2005年6月16日

クローン: 2G9  monoclonal (Novocastra)

希釈倍率: x50

抗原賦活化法:圧力鍋

(上記は一例に過ぎません。抗体は必ずしも全てのメーカーを比較して選択しているわけではありませんので、必ずしも”推奨メーカー”という意味ではありません。)

推奨陽性コントロール:扁桃などリンパ瀘胞がある組織。

染色パターン: 細胞膜±細胞質

 

染色性および用途 補体に対するC3dレセプターに反応。 正常では瀘胞樹状細胞follicular dendritic cellsに陽性。

1)瀘胞構造の顕在化:瀘胞中心に陽性となるため、MALT lymphomaのfollicular colonizationなどの参考に。

2)血管芽球性T細胞リンパ腫angioimmunoblastic T-cell lymphomaと末梢性T細胞リンパ腫peripheral T-cell lymphoma, unspecifiedの鑑別:前者は瀘胞外にfollicular dendritic cell meshworkが強く形成される。

3)濾胞樹状細胞肉腫follicular dendritic sarcomaの診断。陽性像が得られにくいので、CD35, FDC, CD23などと組み合わせて用いると良い。

4)一部のB細胞リンパ腫に陽性となることあり(endemic Burkitt lymphoma, follicular lymphoma)(John KC Chan. Tumors in lymphoretiucular system in Flercher et al. Diagnostic histopathology of tumors p1105)

CD21

 

 

執筆日:2005/06/16

執筆者:神戸大学病院病理部病理診断科 伊藤 智雄  tomitoh@med.kobe-u.ac.jp

ページの先頭へ