免疫組織データベース~いむーの



UCHL-1

2005年6月16日

(CD45RO, A6)

 

クローン: UCHL-1 monoclonal (DAKO)

希釈倍率:x200

抗原賦活化法:圧力鍋

(上記は一例に過ぎません。抗体は必ずしも全てのメーカーを比較して選択しているわけではありませんので、必ずしも”推奨メーカー”という意味ではありません。)

推奨陽性コントロール:扁桃、虫垂など

染色パターン: 細胞膜、時にGolgi (細胞質の陽性像は非特異的と考えるべき) (John KC Chan. Tumors in lymphoretiucular system in Flercher et al. Diagnostic histopathology of tumors p1106)

反応性:正常ではT細胞、組織球、骨髄球系に陽性。

 

用途:

現在、T細胞マーカーとしてはCD3の方が特異性が高く、使われなくなりつつある。

Bリンパ腫の一部にも陽性となる。

その他、true histiocytic tumors, granulocytic sarcomaにも陽性となるので注意。

(John KC Chan. Tumors in lymphoretiucular system in Flercher et al. Diagnostic histopathology of tumors p1106)

 

染色性が細胞膜のため、angioimmunoblastic T-cell lymphomaにおけるclear cellsの顕在化などに有用性が残る。

 

 

執筆日:2005/06/16

執筆者:神戸大学病院病理部病理診断科 伊藤 智雄  tomitoh@med.kobe-u.ac.jp

ページの先頭へ