免疫組織データベース~いむーの



BG-8

2005年7月8日

(Blood Group Antigen Lewis Y,Ley

 

染色性および用途

診断病理でのapplicationとしては腺癌adenocarcinomaと中皮腫mesotheliomaの鑑別であり、前者は高率に陽性、後者は高率に陰性となることから免疫染色パネルの一つとして有力である。免疫染色を用いた中皮腫と肺原発腺癌の鑑別も参照してください。

 

 

執筆日:2005/07/08

執筆者:神戸大学病院病理部病理診断科 伊藤 智雄 tomitoh@med.kobe-u.ac.jp

ページの先頭へ