免疫組織データベース~いむーの



免疫染色を用いた中皮腫と肺原発腺癌の鑑別~Ordonezの論文より

2005年9月22日

この古くて新しい問題に関してはOrdonezによる詳細な検討、詳細な過去論文のレビューがある。

  中皮腫 肺原発腺癌
Calretinin 100 8
cytokeratin 5/6 100 2
mesothelin 100 38
WT1 93 0
EMA 93 100
HBME-1 85 68
thrombomodulin 77 14
CD44S 73 48
N-cadherin 73 30
vimentin 55 38
E-cadherin 40 88
Ber-EP4 18 100
MOC-31 8 100
BG-8 7 96
CEA 0 88
B72.3 0 84
leu-M1 0 72
TTF-1 0 74
CA19-9 0 48

中皮腫の診断に最良と思われるパネルは陽性マーカーとしてcalretinin and cytokeratin 5/6 (or WT1)、 陰性マーカーとしてCEA and MOC-31 (or B72.3, Ber-EP4, or BG-8) であろう.

Ordonez NG. The immunohistochemical diagnosis of mesothelioma: a comparative study of epithelioid mesothelioma and lung adenocarcinoma. Am J Surg Pathol. 2003 Aug;27(8):1031-51.

<05.09.22加筆>リンパ管内皮マーカーであるD2-40とpodoplaninがepithelioid malignant mesotheliomaのhighly sensitive and specific markerとの報告もある(Hum Pathol. 2005 Apr;36(4):372-80). ただし、ovarian serous denocarcinomaの65%がD2-40陽性との報告もみられる(Mod  Pathol. 2005 Jan;18(1):105-10)

< 06.08.07>上記のpodoplaninに関しての情報はここに詳しい(産業技術総合研究所 糖鎖工学研究センター 加藤 幸成先生による)。

 

執筆日:2005/07/8→09/22加筆

執筆者:神戸大学病院病理部病理診断科 伊藤 智雄  tomitoh@med.kobe-u.ac.jp

 

ページの先頭へ