免疫組織データベース~いむーの



Pagetoid cells in pagetoid patternを示す腫瘍 ~Paget病、上皮内悪性黒色腫、Bowen病の鑑別

2006年2月20日

表皮内や粘膜上皮内に胞体が淡染する異型性のある腫瘍細胞が胞巣形成や散在して存在している場合(Pagetoid cells in pagetoid pattern)、Extramammary and mammary Paget’s diseaseのほかに、Malignant melanoma in situ(上皮内悪性黒色腫)、Bowen病の可能性を考える必要がある。多くの場合はHE染色標本で鑑別可能だが、迷ったときには免疫組織化学染色が威力を発揮する。Paget’s diseaseは、CK7、CAM5.2が陽性で、Malignant melanoma in situはS-100蛋白陽性、Bowen病はいずれも陰性である。 染色がきれいなので、我々はCK7を好んで使っている。GCDFPやCEAはExtramammary Paget’s diseaseでは多くの例で陽性だが、Mammary Paget’s diseaseでは陰性例も多い。CK7を使っていて問題が生じたことはないが、CK7陽性のBowen病も報告されているので注意すべきだろう。

鑑別表 CK7 CAM5.2 S-100
Paget’s disease + + -
Malignant melanoma in situ - - +
Bowen病 - - -

EMPD

MM

1. J Cutan Pathol. 2003 Aug;30(7):449-54. Keratin profile of intraepidermal cells in Paget’s disease, extramammary Paget’s disease, and pagetoid squamous cell carcinoma in situ.Lau J, Kohler S.

2. Arch Pathol Lab Med. 2000 Mar;124(3):427-30. Pagetoid bowen disease: a report of 2 cases that express cytokeratin 7. Williamson JD, Colome MI, Sahin A, Ayala AG, Medeiros LJ.

 

執筆日:2006/2/20

執筆者:札幌皮膚病理研究所 福本隆也 木村鉄宣

 

ページの先頭へ