免疫組織データベース~いむーの



Candida albicans

2006年3月10日

抗体名: Candida albicans カンジダ・アルビカンス・マウスモノクローナル抗体

クローン: n/a

メーカー: Chemicon

希釈倍率: x400(一次抗体一晩反応、アミノ酸ポリマー法(ニチレイ シンプルステインPO使用))

抗原賦活化: 0.1% pepsin/ 0.1N HCl, 37℃, 30min

推奨陽性コントロール: カンジダ・アルビカンス感染病巣

陽性パターン: カンジダ菌体(仮性菌糸および胞子)

(上記は藤田保健衛生大学医学部第一病理学での条件。抗体は必ずしも全てのメーカーを比較して選択しているわけではありませんので、必ずしも”推奨メーカー”という意味ではありません。)

 

反応性、性状および用途:

・カンジダ・アルビカンスの同定。ホルマリン固定パラフィン切片で安定した陽性反応が得られる。

・アルビカンス以外のカンジダ属真菌(C. glabrataやC. tropicalisなど)との反応性はごく弱いか、反応しないかのいずれかである。

・本抗体は、アスペルギルス属、クリプトコッカス属、ムコールなど、他の真菌とは交差反応しない。他社から発売されているポリクローナル抗体の方が感度が高く、扱いやすいが、本抗体に匹敵する特異性は得られない。

(顕微鏡写真)

image30
1. 膀胱粘膜のびらん面に増殖する真菌菌体(剖検例)。仮性菌糸と胞子が確認できる(PAS反応)。

image31
2. 菌体に一致して陽性所見がみられる。

 

 

執筆日: 2006/3/10

執筆者: 藤田保健衛生大学医学部第一病理学 下村龍一

ページの先頭へ