免疫組織データベース~いむーの



免疫染色におけるLangerhans cell histiocytosis とRosai-Dorfman disease(sinus histiocytosis with massive lymphadenopathy)、その他の組織球増殖症の鑑別

2006年3月10日

Rosai-Dorfmann diseaseは特にextranodalに発生した場合診断に難渋する場合が多い。極めて大型の組織球の増生と血球貪食像(emperipolesis)、形質細胞の浸潤などが組織的な特徴像だが、免疫染色では下記の鑑別表が有用である。

  Langerhans cell histiocytosis Rosai-Dorfmann disease Histiocyte
S-100 protein + + -
CD1a + - -

 

執筆日:2006/3/10

執筆者:北海道大学病院病理部 久保田佳奈子

 

ページの先頭へ