免疫組織データベース~いむーの



Renin

2012年11月15日

rabbit polyclonal antibody

メーカー:AnaSpec, Inc., San Jose, CA, USA

希釈倍率:1:200

抗原賦活化:熱、pH6.0

推奨陽性コントロール:正常腎の傍糸球体装置

染色パターン:細胞質

(上記は高知赤十字病院・病理診断科部での条件。抗体は必ずしも全てのメーカーを比較して選択しているわけではありませんので、必ずしも“推奨メーカー”という意味ではありません。)

 

用途: 傍糸球体細胞腫瘍(Juxtaglomerular cell tumor)や内科疾患であるJuxtaglomerular hyperplasia, Bartter syndrome の診断。

長い間、Juxtaglomerular cell tumor に診断に有用な抗体がなかったので、電子顕微鏡的検査に頼らざるを得ない状況が続いていたが、有用な市販の抗体が最近出て状況が一変した。

表 傍糸球体細胞腫瘍6例の免疫染色の結果

Case Renin CD34 CD117 ASMA h-caldesmon PDGFR-α Desmin CD99 bcl-2 β-catenin
1 d, ++ d, ++ f, + f, + f, + f, + f, + - - +
2 d, ++ d, ++ - - - f, + - - - ++
3 d, ++ d, ++ - f, + - d, + f, + - - NA
4 d, ++ d, ++ f, + - - d, + - - - NA
5 d, ++ d, ++ f, + - - d, + - - - +
6 d, ++ - - - f, + f, + - - - ++

ASMA, a-smooth muscle actin; d, diffuse; f, focal; ++, strongly positive; +, positive; -, negative; NA, not analyzable

出典:Kuroda N, et al. Juxtaglomerular cell tumor: A morphological, immunohistochemical and genetic study of six cases. Hum Pathol 2012 Aug 29 [Epub ahead of print].

 

Renin001Renin002

(傍糸球体細胞腫瘍の自験例。)

 

 

執筆日:2012/11/15

執筆者:高知赤十字病院・病理診断科部 黒田直人、和田有加里

ページの先頭へ